ストレスフリーな授乳服で子育てに臨もう!

赤ちゃん

肌を考えた優しい成分

クリーム

紫外線から肌を守る

女性の間では、太陽光による肌へのダメージを防ぐために、日焼け止めがよく使われています。太陽光に含まれる紫外線はシミやシワの原因ともなるため、外出時に日焼け止めを使うことで肌を守るのは重要です。同様の機能を持つ商品として、赤ちゃん向けの日焼け止めも発売されています。大人向けの商品と同じ目的で使われる一方で、独自の機能性も見受けられます。例としてあげられるのが、肌に優しい成分のみで作られているということです。赤ちゃんはまだ生まれて間もないため、肌の表面に十分なバリア機能が備わっていません。そのため大人向けの日焼け止めを使ってしまうと、かえって肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。赤ちゃん用の商品なら成分的に考えられているため、敏感な肌に使っても安心です。

日焼けしやすい乳児を守る

紫外線から肌を守るために使われる日焼け止めですが、赤ちゃん用の商品でもその目的は同じです。しかしその重要性は非常に高く、まだ十分に発達していない赤ちゃんの肌には欠かせない商品と言えます。特に乳母車に赤ちゃんを乗せて移動する場合、地面からの照り返しが肌を直撃することが考えられます。それを防ぐ目的でも使われています。最近ではこうした赤ちゃん用の日焼け止めが、大人の女性の間でも注目されています。もともと肌の弱い赤ちゃん向けに作られた商品だけに、肌を傷めることの少ない成分が含まれているからです。大人になっても敏感肌の方は多く、日焼け止めを使うことによるトラブルを抑えるために、あえて購入する人も増えています。普段使っている日焼け止めが肌に合わないのであれば、こうした商品を選んでみるのもよいでしょう。